二種類の食べ物

加齢臭に効果がある食べ物として、まず二種類に分けることができます。
一つ目は抗酸化作用のある食べ物をとる事。加齢臭はパルミトオレイン酸と過酸化脂質が分解し、酸化することで匂いを放つので、酸化を予防する抗酸化作用を多く含む食べ物を摂ることが効果的です。
そこで、抗酸化作用のあるビタミンC群、E群を含んだ食べ物をとる事をお勧めします。
代表的な食べ物としては、ビタミンC群では柑橘類の柚子やレモンなど。ビタミンE群では、ナッツ類やうなぎなど。また、β-カロチンを含む緑黄色野菜。ポリフェノール系の緑茶、ゴマ、大豆なども抗酸化作用がありますので良いです。
抗酸化作用がある食べ物は、日常的に食べているものが多いので、意識して取り入れれば、決して難しいことではありません。
また、唾液の酸素が、良く噛んで食べることで活性酸素を抑える働きがあるので、抗酸化に繋がります。
二つ目は消臭効果の高い食べ物をとる事。消臭効果といえばサプリメントなどの補助食品などが主に取り入れてることが多いと思いますが、実はめかぶなどのヌメリ成分のある海藻類やニンジンなどには消臭効果があるといわれています。
これらをきちんとバランスよく取り入れることが大切です。
野菜や大豆が中心だった昔の日本から、肉類や動物性油の多い食べ物を摂る洋食に近くなった現在。今までは、自然と食生活から加齢臭対策をできていた日本人ですが、現在の食生活で日本人の体質も外人に近いものになってきています。日本食を心掛け、抗酸化作用のある食べ物や消臭効果のある食べ物を取り入れてみましょう。